診療のご案内

健康医学センターのページへ

健康医学センターのページへ

看護部

研修医募集

健康セミナー

放射線検査のご説明

放射線検査のご説明

国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院

診療受付時間

外来受付

AM 8:30~AM 11:00
※診療科により、受付時間が異なる場合が
 ございます。詳しくは各診療科のご案内で
 ご確認ください。

  

休診日

土曜日・日曜日・祝日
開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

平成23年4月より全ての土曜日が休診となりました。

消化器内科

当科では、消化管・肝胆膵全般にわたる疾患を対象に診療しております。

絶食で来院された方には当日の上部消化管内視鏡、腹部超音波検査の実施が可能です。検査室の状況、来院された時間によっては、後日となる場合もあります。下部消化管内視鏡は完全予約制ですが、おおよそ1?2週間以内に実施が可能です。また、昨年からは近隣病院に先駆け、 NBI(narrow band imaging) と呼ばれる特殊光による内視鏡観察装置や、拡大内視鏡を導入いたしました。これらにより一層精密な診断が可能となりました。特に、早期食道癌の発見率が飛躍的に向上しております。

近隣の施設に先駆け、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を導入し、順調に症例を集積しています。早期の食道・胃・大腸癌に対し、低侵襲な治療が可能です。肝・胆・膵に対する内視鏡治療も積極的に行っています。

近年の消化器癌に対する化学療法の進歩には目を見張るものがあります。多くの化学療法が外来で施行できるようになり、延命効果のみならず生活の質の向上が証明されています。化学療法においては、効果と毒性のバランスをとることが重要です。そのためには効果が証明され安全性の確立した標準的な治療法を、患者に合わせて個別的に行う必要があります。無理のない安全な化学療法を心がけています。

  

癌の終末期患者様に対する緩和医療も積極的に行っています。院内では緩和ケアチームも稼働しております。最近は終末期を在宅で過ごしたいという希望も多く、先生方にもお力をお借りしております。家と病院を行き来しながら、尊厳ある最期を迎えていただきたいと考えております。

高齢化社会が進み、胃瘻造設術の施行件数が増加しています。当院で胃瘻を造設した患者様の胃瘻管理については当院内視鏡室の看護師が直接対応させていただいております。

診断のはっきりしない患者様、精密検査の必要な患者様など、何なりとご紹介下さい。緊急を要する患者様に関しては電話でご一報いただければ速やかに対応させていただきます。
今後とも、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

上部消化管内視鏡 4,505件
大腸内視鏡 2,594件
ERCP 212件
超音波内視鏡 108件
肝生検 50件
ESD 66件

医師紹介

藤澤 信隆 部長代行

  

遠藤 智広 医長

日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医 

渡邉 誠太郎 医長

日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本消化器病学会専門医・関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・関東支部評議員・学術評議員
日本肝臓学会専門医
日本消化管学会胃腸科認定医・専門医・暫定指導医
日本胆道学会認定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本膵臓学会
日本高齢消化器学会

清水 智樹 医長

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本食道学会  

髙井 佑輔 医員

  

中島 聡美 医員

日本内科学会  

山本 敦史 医員

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会  

ページトップへ

Copyrightc Yokohama Sakae Kyosai Hospital. All Right Reserved.