診療のご案内

健康医学センターのページへ

健康医学センターのページへ

看護部

研修医募集

健康セミナー

放射線検査のご説明

放射線検査のご説明

国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院

診療受付時間

外来受付

AM 8:30~AM 11:00
※診療科により、受付時間が異なる場合が
 ございます。詳しくは各診療科のご案内で
 ご確認ください。

  

休診日

土曜日・日曜日・祝日
開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

平成23年4月より全ての土曜日が休診となりました。

外科

外科は、消化器全般、乳腺、甲状腺などの疾患の外科的治療を担当しています。日本外科学会をはじめとする各学会認定医、専門医指導指定施設で、それぞれの分野で専門医がおり、スタッフはがん治療認定医を取得し、がん治療中心に診療を行っています。内視鏡手術においては日本内視鏡外科学会技術認定が常勤し安全に行う体制をとっています。体に優しい手術を目指し、内視鏡手術や小さな傷での手術を積極的に取り入れ、早期退院、早期社会復帰を実現しています。抗がん剤治療は外来通院での加療を中心に行い、日常生活、 QOL を損なわない癌治療をモットーにしています。また、地域に根ざした病院を目指し、救急疾患に対する診療にも対応し、年間約 750 例の手術を行っています。
平成 21 年度の手術実績は、全手術件数754例(局所麻酔例以外)で、全身麻酔557例、緊急手術を138例行いました。主な手術内容は、上部消化管では、胸部食道癌4例、食道良性2例、胃癌62例(腹腔鏡下27例)、胃GIST4例、胃十二指腸潰瘍など12例、下部消化管は、結腸、直腸癌90例(腹腔鏡下30例、TEM1例)、大腸憩室など良性疾患15例、肝胆膵領域では、悪性腫瘍では肝癌4例、膵頭十二指腸切除4例、膵体尾部切除4例などを行いました。また胆嚢、胆管系良性疾患に対しては110例(腹腔鏡下胆嚢摘出術75例)を施行しました。また乳腺では乳癌65例、甲状腺疾患(癌、腺腫、バセドウ、副甲状腺など)40例、体表(腹壁)ではソケイヘルニア約120例と腹壁瘢痕ヘルニアなどを行いました。

甲状腺:甲状腺癌、甲状腺腫、副甲状腺腫瘍など、頸部の小切開傷で美容にも配慮した手術を行っています。

乳腺:乳癌、乳腺症など診療しています。検査から治療と女性スタッフが担当しています。乳癌に対する手術はセンチネルリンパ節生検と乳房温存術を組み合わせた縮小手術が中心となっています。痛みや腕の浮腫などの術後後遺症もすくなく、美容上も優れています。乳腺全摘例に対しては当院形成外科と協力し乳房再建術も行っています。また、乳癌治療で重要な化学療法は外来での治療を中心に行っています。

腹部各臓器に対する外科治療を行っています。癌治療を中心に行っています。食道癌、胃癌、肝臓癌、膵臓癌、胆道癌、大腸癌、直腸癌などが主に扱っている消化器癌です。各癌に対してガイドラインに沿った治療を行い、早期癌に対する縮小手術から進行癌での根治性を求めた拡大郭清および抗がん剤治療まで行う集学的治療を行っています。良性疾患としては、胆石、胆嚢炎、虫垂炎、胃十二指腸潰瘍穿孔、腸閉塞などの手術を行います。  

食道:胸部、腹部食道癌に対して開胸開腹手術、術前術後の抗がん剤治療を行っています。高度な食道裂孔ヘルニアに対して根治術を行っています。

胃癌:通常のリンパ節郭清を伴った開腹手術(温存なども)、および早期胃癌に対しては、腹腔鏡下幽門側胃切除および胃全摘術を行っています。

大腸、直腸癌:進行度の応じて開腹手術および腹腔鏡下手術を積極的に行います。

膵癌、胆道癌:部位より膵頭十二指腸切除、胆管切除など行います。

胃癌、大腸癌、膵臓癌などに対する化学療法は外来治療が中心で行っています。

胆石、胆嚢炎、胆嚢ポリープなどの胆嚢摘出術には約 90 %が腹腔鏡下に胆嚢摘出術を行っています、炎症の少ない症例にはより傷の小さな臍部(へそ)に約 2.5cm の傷だけの SILS(single incision laparoscopic surgery) 法による胆嚢摘出術も本格的に導入し、術後の傷はほとんど目立たなく、美容上に大きく貢献でき、特に女性に好評を得ています。

ソケイヘルニア、腹壁ヘルニアに対する治療を行っています。タイプにより術式を選択し、術後の痛みの少ない方法を採用しています。

痔核、痔ろう、肛門周囲膿瘍などを扱っています。痔核に対しては程度に応じて、軟膏治療、ゴム輪による結さつ術、根治手術などを行ってきましたが、中等度には硬化療法を本格的に導入し、術後の痛みも少なく回復も早くなっています。

それぞれの診療に対して長期的な日常ケアーも心がけています、乳癌の患者様の集いのプチサロンの開催や、消化管手術後の患者様を対象にした栄養士との共同で行う栄養指導や術後食の調理教室なども随時開催しています。また人工肛門の患者様に対するストーマケアーなど行っています。

日本外科学会専門医修練施設

日本消化器外科学会専門医修練施設

日本消化器内視鏡学会専門医指導施設

日本消化器病学会認定施設

日本大腸肛門病学会専門医指導施設

日本乳癌学会認定施設

医師紹介

細川 治 病院長

日本外科学会指導医、専門医

日本消化器がん検診学会指導医、認定医、理事 

日本消化器内視鏡学会専門医、指導医、財団評議員

日本大腸肛門病学会専門医

日本消化器病学会指導医、学術評議員

日本人間ドック学会認定医

日本胃癌学会

  

  

  

  

渡邊 透 統括部長

日本外科学会指導医、専門医

日本消化器外科学会指導医、専門医、消化器がん外科治療認定医

日本内視鏡外科学会技術認定医、評議員

日本消化器病学会指導医、専門医 

日本消化器内視鏡学会指導医 、専門医

日本大腸肛門病学専門医、指導医

日本臨床腫瘍学会暫定指導医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医

日本食道学会

日本胃癌学会代議員

日本臨床外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会評議員

俵矢 香苗 部長

日本乳癌学会専門医

日本外科学会専門医
日本超音波医学会超音波専門医

日本乳癌検診学会マンモグラフィ読影認定医

日本癌治療学会

日本臨床腫瘍学会

日本臨床外科学会

加藤 秀明 部長

日本外科学会専門医、指導医

日本消化器外科学会専門医、指導医

日本消化器内視鏡学会専門医

日本内視鏡外科学会

日本腹部救急医学会

日本臨床外科学会

日本乳癌学会

日本胃癌学会

日本大腸肛門病学会

川口 雅彦 部長

日本外科学会専門医、指導医
日本消化器外科学会専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本消化器病学会専門医、指導医
がん治療認定医、暫定指導医
TNT受講者
Robot certification of da VinciS
肝胆膵外科学会評議員
臨床外科学会
ロボット外科学会
内視鏡外科学会
胃がん学会
大腸肛門病学会
経静脈栄養学会
国際外科学会
ヘルニア学会
癌治療学会  

  

栃本 昌孝 医員

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会

  

岩城 吉孝 医員

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本大腸肛門学会  

  

定村 花梨 医員

日本外科学会  

  

古山 和憲 医員

日本外科学会
日本呼吸器外科学会

  

ページトップへ

Copyrightc Yokohama Sakae Kyosai Hospital. All Right Reserved.