診療のご案内

健康医学センターのページへ

健康医学センターのページへ

看護部

研修医募集

健康セミナー

放射線検査のご説明

放射線検査のご説明

国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院

診療受付時間

外来受付

AM 8:30~AM 11:00
※診療科により、受付時間が異なる場合が
 ございます。詳しくは各診療科のご案内で
 ご確認ください。

  

休診日

土曜日・日曜日・祝日
開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

平成23年4月より全ての土曜日が休診となりました。

産婦人科

B病棟の2階に産科病棟は出来上がりました。「木目調の明るい病棟」というのが、入ったときの印象です。病院敷地の南側に面し、シャワー、トイレ付の個室を中心とした病室配置は、出産で入院したお母さんと赤ちゃんは勿論、面会のご家族も快適に過ごせる様に配慮され、セキュリティも完備しています。また入院から分娩までを、LDRと言われる個室管理により、陣痛期、分娩、産褥を一貫して行う事で移動の負担を軽減し、また立ち合い出産に対応出来る様にしました。こちらのお部屋もご家族と過ごせる十分な空間を確保しました。分娩後(産褥2時間以降)は、各個室で退院までゆっくり過ごして頂きます。新たな産科医療機器と共に、産科部門電子カルテと連動した分娩監視装置、セントラルシステムを導入しました。胎児心拍・子宮収縮モニターがどのパソコン端末でもリアルタイムに(過去のものも)確認することが可能で、分娩状況の把握、評価がし易くなりました。

麻酔科専門医師の協力による、計画無痛(硬膜外麻酔)分娩も予定しております。また必要時には帝王切開分娩への対応も想定し、速やかに行える様に検討しています。合併症や偶発症などの発症時には、適宜該当する科に診て頂くことも可能です。

総合病院ならではの安心、安全な妊娠、分娩管理に加え、快適でご満足頂ける出産をして頂けるものと考えています。出産後のお食事も、お祝い膳を提供しております。

新生児科はない為、新生児管理が必要な場合は、神奈川県の周産期救急医療システムを通した母体搬送(または新生児搬送)を、させて頂く事になります。

現在、8月(の予定日)から分娩枠に余裕があり、帝王切開分娩予定の方でも大丈夫です。まずはお電話で、産婦人科外来までお問い合わせ下さい。

 

                   産科病棟・助産師外来のご案内はこちら  

医師紹介

土居 幹 統括部長

日本産科婦人科学会専門医  

加藤 良樹 医員

日本産科婦人科学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医  

石井 加奈子 医員

日本産科婦人科学会専門医
日本医師会認定産業医
日本女性医学学会  

ページトップへ

Copyrightc Yokohama Sakae Kyosai Hospital. All Right Reserved.