診療のご案内

健康医学センターのページへ

健康医学センターのページへ

健康医学センターのページへ

健康セミナー

放射線検査のご説明

放射線検査のご説明

看護部

研修医募集

国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院

診療受付時間

外来受付

AM 8:30~AM 11:00
※診療科により、受付時間が異なる場合が
 ございます。詳しくは各診療科のご案内で
 ご確認ください。

  

休診日

土曜日・日曜日・祝日
開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

平成23年4月より全ての土曜日が休診です。

形成外科

形成外科とは、「先天性および後天性の身体外表の形、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科手技により形態(美容)解剖学的に正常(美形)にすることを手段とし、その目的は個人を社会に適応させるものである」と定義付けられています。当形成外科においても患者さんの様々なニーズに応え、 QOL (Quality of life ) の改善を目指し、日々の外来・入院診療にあたっています。尚、当院は日本形成外科学会認定教育関連施設となっており、地域医療に貢献するとともに、専門医育成に取り組んでいます。

(診療体制)
常勤医師2名と大学病院からの非常勤医師により、月曜日~金曜日午前中の外来診療・初診受付をしております。月曜日~木曜日午後はレーザー治療などの予約診療となります。
手術は月曜午前・水曜終日・金曜午後に行っています。
顔面外傷・軟部組織損傷・熱傷にも対応しております。
緊急の処置が必要な患者さまのご紹介の際には、電話連絡をお願いいたします。


(診療内容)
形成外科では、体表の様々な異常や欠損、機能障害に対し治療を行います。
当院では形成外科全般の診療・受け入れを行っています。取り扱う疾患の代表的なものは下記の通りです。
①やけど、顔面外傷、顔面骨骨折、四肢軟部組織損傷
②皮膚腫瘍(良性・悪性)の治療および切除後の再建(乳房再建を含む)
③あざやしみ(先天性・後天性)
④眼瞼下垂症、眼瞼内反症、眼瞼けいれん、涙道疾患
⑤褥瘡や難治性潰瘍(足・下腿など)
⑥手術の傷や瘢痕によるひきつれ・ケロイド
⑦陥入爪・巻き爪
⑧先天性外表異常(副耳、耳低形成、臍変形、多合指症、口唇口蓋裂)
⑨その他(顔面神経麻痺再建、リンパ浮腫、腋臭症など)
また美容相談にも応じております。

治療については、現時点で安全でスタンダードとされる方法を中心にお勧めし、患者さんに納得いただいた上でニーズにあった治療を選択するよう留意しています。またできるだけ整容面での結果を重視し、傷跡を最小にすることを心がけています。疾患によっては、連携する大学病院をはじめとした専門性の高い施設への紹介をさせていただきます。


Qスイッチ付きルビーレーザー、スキャナー付きCO2レーザー、フォトフェイシャル(IPL)を導入しております。先天性の母斑に加え、種々のメラニン沈着症や脂漏性角化症、黒子、刺青の除去等に幅広く対応しております。ケミカルピーリング・イオン導入も行っています。
巻き爪に対する弾性ワイヤー治療を行っています。
疾患や治療内容により自費診療となる場合があります。


 

医師紹介

醍醐 佳代 部長

日本形成外科学会専門医

日本美容外科学会正会員

日本レーザー医学会

日本臨床腫瘍学会

日本頭蓋顎顔面外科学会

日本熱傷学会

日本抗加齢医学会

日本口蓋裂学会

日本先天異常学会

長谷川 佳子 医員

日本形成外科学会
日本乳癌学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本抗加齢医学会
日本レーザー医学会  

  

南 ひろこ 医員

日本形成外科学会

  

二瓶 多恵子 医員

日本形成外科学会

  

ページトップへ

Copyrightc Yokohama Sakae Kyosai Hospital. All Right Reserved.