看護部のご紹介

健康医学センターのページへ

健康医学センターのページへ

看護部

研修医募集

健康セミナー

放射線検査のご説明

放射線検査のご説明

国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院

診療受付時間

外来受付

AM 8:30~AM 11:00
※診療科により、受付時間が異なる場合が
 ございます。詳しくは各診療科のご案内で
 ご確認ください。

  

休診日

土曜日・日曜日・祝日
開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

平成23年4月より全ての土曜日が休診となりました。

教育プログラム

教育目的

質の高い看護を提供するために、豊かな感性をもち、自律した看護師を育成する。

教育目標

1. 専門職として看護を追及していくことができる
2. 臨床実践能力を身につけることができる
3. 主体的にキャリアアップできる
4. リーダーシップ能力を発揮できる

ラダーⅠ

到達目標
1. 社会人・組織人としての自覚をもち行動できる
2. 専門職業人としての生命倫理と人間の尊厳について考えることができる
3. 病院の理念・看護部の理念・方針を理解し、自己の看護を考えることができる
4. 部署での自己の位置づけを知り役割を果たす
5. 指導を受けながら安全、確実に看護実践ができる
6. 医療経済の動きや病院の経営に関心を持ち、病院の経営方針に協力する

ラダーⅡ

到達目標
1. 専門職業人として生命倫理と人間の尊厳に基づいて行動できる
2. 病院の理念、看護部の理念・方針の沿って、自己の看護観を言語化でき実践できる
3. 新人指導ができる
4. 自立して看護実践できる
5. 医療経済の動きや病院の経営に関心をもち、病院の経営方針に協力する

ラダーⅢ

到達目標
1. 自らが倫理的感性を磨き、必要な関係者と連携して行動できる
2. 後輩(看護師・学生)指導が出来る
3. 役割モデルとして看護実践が出来る
4. 看護部の方針に基づいた部署運営に関する企画に自己の役割をふまえて主体的に参加する
5. 医療経済の動きや病院の経営に関心をもち、病院の経営方針に協力する

ラダーⅣ

到達目標
1. 患者の生命や人権を尊重できる看護師を育成できる
2. 看護に質を向上させるための変革的な行動がとれる
3. 部署における教育的関わりができる
4. 創造的な看護実践ができる
5. 看護部門の方針に基づいた部署目標達成のために活動を推進できる
6. 医療経済を理解し、積極的に現場、病院の改革に参画する

年間教育計画

基礎Ⅰ・Ⅱ   年間教育計画

開催月

基礎看護Ⅰ
~新人~

基礎看護Ⅱ
(看護過程)~卒後2年~3年目~
(基礎技術)~卒後2年~3年目~

4月

入職時
オリエンテーション
 

 フィジカルアセスメント
(呼吸器応用編)

5月

基礎技術研修①
看護過程Ⅰ
フィジカルアセスメント①
 

看護過程Ⅱ
(看護過程について)

 

6月

リーダーシップ研修Ⅰ
 
 

リーダーシップ研修Ⅱ

7月

基礎技術研修②
看護過程Ⅰ

 看護過程Ⅱ
NANDA看護診断活用方法の理解
フィジカルアセスメント
(循環器応用編)

8月

 

 

9月

基礎技術研修③
看護過程Ⅰ 

看護過程Ⅱ
NANDA‐NIC‐NOCの理解
リーダーシップ研修Ⅱ

10月

フィジカルアセスメント②
多重課題シュミレーション
 

フィジカルアセスメント
(栄養・代謝応用編)

11月

基礎技術研修④
看護過程Ⅰ 
 

看護過程Ⅱ
NANDA‐NIC‐NOCに沿った事例展開

12月

基礎技術研修⑤ 

コミュニケーション技術
(アサーティブコミュニケーション)
 

1月

基礎技術研修⑥ 

看護過程Ⅱ
NANDA‐NIC‐NOCに沿った事例展開 
 

2月

フィジカルアセスメント③
 
 

  

3月

 

プリセプター研修
 
 

ページトップへ

Copyrightc Yokohama Sakae Kyosai Hospital. All Right Reserved.ラダーⅠ